ボートレース浜名湖競艇場の特徴・決まり手・予想のコツ|浜名湖競艇場をマスターしよう!

ボートレース浜名湖競艇場の特徴・決まり手・予想のコツ|浜名湖競艇場をマスターしよう!

ボートレース場は全国に24箇所あり、どのレース場でも一周300メートルのコースを3周するというルールは変わりません。

ですが各ボートレース場には場所による風の影響や、水質などの条件から、レース傾向や展開に大きく違いがあり、競艇場によって予想の立て方も異なってきます。

そのため競艇の買い目予想を立てる上で、競艇場の特徴を把握することは必要不可欠になります。

そこで今回は、全国24箇所ある競艇場の中の、静岡県湖西市にあるボートレース浜名湖について、特徴や多い決まり手、予想のコツなどを解説していきます。

本記事を読み終わる頃には、ボートレース浜名湖の特徴を理解でき、浜名湖競艇場での予想的中率をアップできますので、ぜひ最後までご覧ください。

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の基本情報

浜名湖ボートレース場

所在地〒431-0398
静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
電話番号053-594-7111
WEBサイトhttp://www.boatrace-hamanako.jp/
スマートフォンサイトhttp://www.boatrace-hamanako.jp/sp/
モバイルサイトhttp://www.boatrace-hamanako.jp/m/
[box04 title=”ボートレース浜名湖:SNS”][/box04][ac-box01 title=”ボートレース浜名湖の施設案内”]

ボートレース浜名湖の施設マップ

[jin-fusen1-even text=”女性専用シート”]

出典:ボートレース浜名湖オフィシャルサイト「施設案内」

[/ac-box01]

ボートレース浜名湖は静岡県湖西市にある競艇場で、全国24箇所ある競艇場の中で「日本一広いコース」を誇っています。

ボートレース浜名湖は季節によって風向きも変わり、「冬は追い風」「夏は向かい風」が吹くため、季節ごとに予想を変える必要のある競艇場でもあります。

また水質は海水と淡水がまじわる「汽水」であるため変動の多い性質であるため、モーターの性能も予想を立てる上で必要となります。

ただコースが広く、予想を立てる上での要素も多いため、予想のしがいがある競艇場でもあります。

また2020年12月末には「クイーンズクライマックス」というグランプリが開催されたことも、記憶に新しいですね。

ボートレース浜名湖は、浜名湖の南側を埋め立てて作られていて、敷地面積は広く、駐車場は合計で4000台以上の収容量を誇っています。

またレースの観覧には「女性専用席」や「ボックス席」など座り心地の良い椅子が並んでいて、有料席は平成30年にリニューアルしたばっかりです。

場内から富士山が見えたり、「JR新居町駅」から徒歩5分という、アクセスの良さもボートレース浜名湖の魅力的な特徴でもあります。

ボートレース浜名湖のマスコットキャラクターは、つばめをモチーフにした「スワッキー」というキャラクターです。

「幸運を運ぶ鳥」として採用されたそうです。

スワッキー以外にもピンク色のつばめの「ローリー」や、うなぎをモチーフにした「うな二郎」というキャラクターもボートレース浜名湖にはいます。

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)のレースの傾向・特徴を知ろう!

[box01 title=”ボートレース浜名湖の基本データー”]
  • 水質:汽水
  • 水面:浜名湖の西岸に位置しており全国でも有数の広さ
  • 風による影響:冬は追い風、夏は向かい風
  • 干満差:あり
  • モーター:減音
  • モーター交換時期:4月
[/box01]

ボートレース浜名湖で押さえておかなければいけない特徴は3点あります。

  • 全体的にコースが広く、センター・アウト勢が展開に入ってくる
  • 水質は「汽水」だが走りやすい水面をしている
  • 「冬は追い風」「夏は向かい風」が吹き、風の影響が大きい

それではボートレース浜名湖の特徴をそれぞれ踏まえて、レースの傾向について説明していきます。

全体的にコースが広く、センター・アウト勢が展開に入ってくる

ボートレース浜名湖の最大の特徴は、全国の競艇場の中一コースが広いという点です。

ボートレース浜名湖の全体の縦幅が550m、横幅180mとかなり出走コースが広くとられています。

また、1マークのバック側が126mもあり、どのコースからでも全速で攻めこむことができるほどの広さです。

そのため思い切りレバーを握ることができ、スピード戦になりやすく、決まり手も「逃げ」を中心に「差し」「まくり」「まくり差し」と多種多様に決まる、万能な競艇場です。

レース傾向は、1コースの全速ターンが流れたときの4・5コースのまくり差しが決まりやすいです。

またコースが広いが故に、伸びのいいモーターを引き当てた選手が有利となり、センターやアウトからでも2・3着を狙うことができるという特徴があります。

水質は「汽水」だが走りやすい水面をしている

ボートレース浜名湖は湖ですが、水質は淡水と海水の混ざった汽水です。

海水が混ざっていることで水質は柔らかく、モーターが水面を捉えやすくなります。

水質が汽水の競艇場といえば、「江戸川競艇場」と「福岡競艇場」が有名ですが、この2つの競艇場では、比較的走りにくい水面とされています。

一方でボートレース浜名湖は、「江戸川競艇場」と「福岡競艇場」と同じ競艇場ですが、走りやすい水面だと言われています。

また浜名湖は海と水門でつながっているだけなので、干満差や潮の流れによる影響は受けにくいとされています。

[box06 title=”水質が「汽水」の競艇場について詳しく知りたい”][/box06]

「冬は追い風」「夏は向かい風」が吹き、風の影響が大きい

ボートレース浜名湖は、コースが広いだけでなく、周囲に風を遮る障害物がないため、風の影響を受けやすい競艇場でもあります。

風速5m以上の割合は30%と、高確率で強風が吹きやすいです。

またボートレース浜名湖の風は季節によって変わり、夏は向かい風、冬は追い風が吹く傾向があります。

そして風向きによる決まり手について、はっきりと傾向が変わるのが「まくり」と「まくり差し」です。

追い風では3・4コースの「まくり」が決まりやすく、向かい風では5・3コースの「まくり差し」が決まりやすくなります。

そのため季節ごとに変わる風向きに対して、狙う選手のタイプを変更することが、ボートレース浜名湖の特徴となります。

ボートレース浜名湖の「コース別入着率」「決まり手」データ

下記の表はボートレース浜名湖の直近3ヶ月の「コース別入着率」と「決まり手」になります。

コース1着2着3着4着5着6着コース別決まり手
逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
156.017.89.05.87.14.195.30.00.00.04.60.0
214.124.317.313.716.014.10.026.664.00.08.01.3
315.121.318.317.916.210.80.027.122.237.012.31.2
48.920.022.222.612.513.40.041.618.725.014.50.0
55.212.720.222.222.017.40.014.23.553.525.03.5
61.95.114.218.425.434.70.010.010.050.020.010.0

(集計期間:2020/10/01~2020/12/31 単位:%)

ボートレース浜名湖の季節別データ

続いてこちらは季節ごとのコース別入着率になります。

春季のコース別入着率

コース1着2着3着4着5着6着
151.818.110.56.66.16.6
214.126.319.715.614.010.0
313.118.620.518.416.113.1
413.419.018.120.017.511.7
56.712.518.820.522.718.5
62.26.613.620.023.234.0

(集計期間:2020/03/01~2020/05/31 単位:%)

夏季のコース別入着率

コース1着2着3着4着5着6着
150.919.67.65.87.68.2
215.723.918.616.110.814.6
313.017.321.618.517.012.2
411.818.117.720.518.113.5
57.116.420.021.119.116.0
62.45.715.719.127.329.5

(集計期間:2020/06/01~2020/08/31 単位:%)

秋季のコース別入着率

コース1着2着3着4着5着6着
155.317.69.25.57.64.4
214.221.618.915.817.711.5
315.222.817.618.315.410.4
410.218.821.520.614.614.0
55.015.619.423.117.918.8
61.55.215.117.626.134.3

(集計期間:2020/09/01~2020/11/30 単位:%)

冬季のコース別入着率

コース1着2着3着4着5着6着
157.516.08.16.67.24.4
212.624.719.218.314.010.8
313.320.820.717.815.012.1
410.718.718.720.518.512.7
55.412.520.419.022.919.5
61.58.313.919.022.434.7

(集計期間:2019/12/01~2020/02/29 単位:%)

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の注目選手

ここまででボートレース浜名湖の特徴について理解できたかと思います。

ですが競艇の予想を的中させる上で、競艇場の特報だけでなく、出場する選手についても知っておかなければいけません。

競艇選手には競艇場関係なく強い選手や、特定の競艇場でのレースが得意な選手など千差万別です。

そのため、選手ごとの成績だけでなく、競艇場ごとの勝率もチェックすることも予想を立てる上で重要な指標となります。

ここではボートレース浜名湖での勝率が高い選手を3人と、注目すべき地元選手1人をピックアップして紹介します。

もしここで紹介する選手が浜名湖競艇場のレースに参加する場合は、ぜひ注目して見てください。

ボートレース浜名湖での勝率が高い選手TOP3

こちらは、ボートレース浜名湖で勝率の高い選手のトップ3です。

ボートレース浜名湖に出場しているのを見かけたら、ぜひ注目してみてください。

1位:松井繁選手

[2col-box][2-left title=”松井繁” style=”2″]

[/2-left][2-right]
登録番号3415
生年月日1969/11/11
身長169cm
体重52kg
血液型O型
支部大阪
出身地大阪府
登録期64期
級別A1級
[/2-right][/2col-box]

ボートレース浜名湖での勝率が一番高かった選手は、「絶対王者」松井繁選手です。

BOAT RACEオフィシャルサイトのボートレースナンバーにある、「生涯最高獲得賞金」の金額が37億と、競艇を知っている人で知らない人はいないと言っても過言ではない選手です。

「絶対王者」の名に相応しいほど安定した高い勝率を出している松井繁選手は、ボートレース浜名湖において「8.26」という圧巻の勝率を誇っています。

松井繁選手はボートレース浜名湖に関わらず、どの競艇場で出場していても注目される選手ですね。

2位:今垣光太郎

[2col-box][2-left title=”今垣光太郎” style=”2″]

[/2-left][2-right]
登録番号3388
生年月日1969/09/18
身長161cm
体重51kg
血液型A型
支部福井
出身地石川県
登録期63期
級別A1級
[/2-right][/2col-box]

ボートレース浜名湖での勝率が2番目に高かった選手は、今垣光太郎選手です。

今垣光太郎選手はナイター巧者として知られており、ナイター開催のSG競走においては松井繫選手と同等の実力をもっています。

またボートレース浜名湖での勝率は、「8.00」と松井繁選手についで8点台の実力を持っています。

今垣光太郎選手は基本的に枠なり進入ですが、外寄りの艇番となった時は、少しでもイン寄りのコースに入るように動くという特徴があります。

ただ6コースを走る場合は、1コースの狙うような強引な前づけはしていません。

今垣光太郎選手の平均スタートタイミングは0.18で、SGクラスの競艇選手としては若干遅めのスタートタイミングですが、勝負どころでは際どいスタートを狙う場合もあります。

絶対王者の松井繁選手に並ぶ実力者の今垣光太郎選手が、ボートレース浜名湖で出走する場合は、ぜひチェックしたい選手ですね。

3位:山崎智也

[2col-box][2-left title=”山崎智也” style=”2″]

[/2-left][2-right]
登録番号3622
生年月日1974/03/11
身長165cm
体重55kg
血液型A型
支部群馬
出身地群馬県
登録期71期
級別A1級
[/2-right][/2col-box]

ボートレース浜名湖での勝率が3番目に高かった選手は、「艇界の貴公子」こと山崎智也選手です。

ボートレース浜名湖と相性がいいのか、勝率も「7.91」とかなり高いです。

山崎智也選手の特徴は、安定感のあるレース運びにあり、コース取りは基本的に枠なりという点です。

またピット離れが良い場合は積極的に内に入ってくるという特徴も持っているため、山崎智也選手がセンターやアウトにいるときは、「まくり」や「まくり差し」が決まりやすいです。

平均スタートタイミングは0.16と遅くも早くもないスタートタイミングですが、A1級同士のレースにおいてもスタートで出遅れることは少ないといった、安定性のあるスタートを切れるという特徴も持ち合わせています。

山崎智也選手は2から6コースのどのコースからでも自在に捌いてくるため、「通常の1コースだから連に絡める」「6コースだから連に絡めない」という定例には当てはまらず、6コースからでも1着、連に絡むという実力を持っています。

ボートレース浜名湖の注目すべき地元選手

[2col-box][2-left title=”服部幸男” style=”2″]

[/2-left][2-right]
登録番号3422
生年月日1971/01/05
身長167cm
体重56kg
血液型B型
支部静岡
出身地静岡県
登録期64期
級別B1級
[/2-right][/2col-box]

ボートレース浜名湖を地元とした、注目したい選手が服部幸男選手です。

「水の上では先輩も後輩もない!」という言葉を発言したことでも知られる服部幸男選手は、女子レーサーのトップと名高い長嶋万記選手を弟子に持っています。

現在はB1選手ですが、フライング休みなどで出走回数が足りず降格してしまっただけで、普段はバリバリのA1選手となります。

服部幸男手は「まくり差し」という戦法を生み出した選手で、浜名湖での優勝回数は21回と、1着数は471回と、ボートレース浜名湖では安定した成績を出しています。

また服部幸男選手以外に、地元レーサーの菊地孝平選手も注目したい選手ですね。

服部幸男選手や菊地孝平選手がボートレース浜名湖で出走する際は、ぜひ注目してみましょう。

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)で予想を立てる時のコツ・ポイント

ボートレース浜名湖での予想を立てる上で、抑えなければいけないポイントが、

  • 風速4m以上の風が吹いている場合イン勝率が低下
  • 風速がつよくなると4コースの1着上昇
  • 4・5コースのまくり差しが決まりやすい
  • 水質が柔らかいためモーターの出力も予想する上での大事な要素に

ボートレース浜名湖ではコースが広い分、センター・アウト勢が舟券に絡んできやすいです。

そのためセンター・アウトに、「まくり」や「まくり差し」の得意な選手がいるかどうかは確認するようにしましょう。

また風速4m以上の風が吹いた場合、イン勝率が低くなるため、風の強い日に1コースであまり成績がよくない選手がいる場合は狙い目です。

逆に風が強くなれば4コースの1着率が上昇するため、4コースに強い選手がいる場合は1着で買うのも高配当を狙う鍵となります。

また水質が柔らかいボートレース浜名湖では、モーターが水面を捉えやすく、出力の強いモーターを引き当てた選手が有利となります。

4コースに「まくり」や「まくり差し」の得意な選手がいて、出足よりも伸びのいいモーターを引き当てているのであれば、4コース1着軸で舟券を購入するのも予想のコツとなります。

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)への行き方・アクセス方法

出典:ボートレース浜名湖オフィシャルサイト「アクセス案内」

[box05 title=”電車で浜名湖競艇場まで行く場合”]
  • JR東海道本線「新居町駅」北口より徒歩5分
[/box05][box05 title=”車で浜名湖競艇場まで行く場合”]
  • 東京方面「浜松西IC」から約30分
  • 名古屋方面「三ケ日IC」から約30分、「舘山寺スマートIC」から約30分

※無料駐車場有り

[/box05]

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)のまとめ

今回ご説明した「ボートレース浜名湖の特徴」について覚えて欲しい点は、6つあります。

[box03 title=”ボートレース浜名湖の特徴についてまとめ”]
  • ボートレース浜名湖は全国一コースが広く、どのコースからでも全速で攻めこむことができる
  • コースが広いため、センター・アウト勢が展開を握りやすい
  • 水質は「汽水」だが他の汽水の競艇場よりも比較的走りやすい
  • 周囲に障害物がなく、風の影響を受けやすい
  • 追い風2m以下なら1コース、追い風3m以上なら2コース、向かい風なら4〜6コースに注目
  • 水質が柔らかくモーターが水面と捉えやすいため、モーターの成績にも注目
[/box03]

日本一コースが広いボートレース浜名湖ですが、特徴を掴んでしまえば案外難しくありません。

基本的にセンター・アウトに「まくり」「まくり差し」が得意な選手がいるレースが狙い目です。

また風が強い日は4コースの1着率が上昇することから、4コース1着で舟券を買うのも一つの戦略となります。

さらにモーターの出力も予想を立てる上で大事な要素となり、基本的に「まくり」「まくり差し」が得意な選手が伸びのいいモーターを引き当てている場合、センターかアウトにいても1着2着を狙うことができます。

今回紹介したボートレース浜名湖の特徴や決まり手、レース傾向などを覚えることで、的中率を10%以上上げることがでできるので、何度も読み返すことをおすすめします。